2017年04月28日

なれるSN〜ニートが救う労働事情〜

出オチです。どうも、最近真面目に授業に出ていたせいで腰を痛めて整骨院通いをしている4回生のアドラーです。


巷にはブラック御三家と呼ばれる業種があります。介護、飲食(特に居酒屋)、塾講師です。ここに運輸(特にトラック運転手)を加えると、四天王の出来上がりですね。
私に特定の職業を辱める意図はつゆほどもありませんが、先に述べた業界において相対的に労力や拘束時間と見合った対価が得られないことはまぎれもない事実であります。内容のしんどさや時間給もそうなのですが、特に責任という言葉のもとに時間を盗まれる点においてそれは顕著です(みなし残業代制とか、裁量労働制とか言われますね。普通の飲食店の店長の裁量なんてほとんどないのでもちろん違法です)。

具体的な名前をあげるのは避けますが、その中でもいくつかの精鋭ブラック企業では人を人とも思わぬ所業がなされます。どうしてこうした企業に就職してしまう人がおり、また辞められずにいるのでしょうか?
第二人事部と呼ばれる企業別労働組合、国家による福祉を受けるハードルの高さ、奨学金という耳に心地よい名ばかりの借金、そして経済的な意味にとどまらない貧困。これらも大きな理由でしょうが、私はここでは日本人の労働観を挙げて見たいと思います。

日本の、特に低賃金労働者層は他国に比べて恐るべき質の高さを誇ります。これは彼らが賃金以外のインセンティブによって労働へと向き合っていることに起因しています。その大きなインセンティブの一つにやりがいや、職業意識の高さがあげられることは疑いないでしょう。
よく例に挙げられるのですが、日本ではトイレ掃除を仕事にする人でさえ自らの仕事に意味があると感じているといわれています。私もそうした仕事に敬意を払っていますが、これは一般的な日本人である皆様も同様でしょう。現在の日本では、少なくとも公然と特定の職業を馬鹿にすることが歓迎される風土はありません。これはお金のために仕方なく労働をすると考える、多くの国のブルーカラーにとっては考え難いことです。

しかしながら、そのどんな職でもないよりはいいという勤労観は半ば強迫観念に近いところまできています。
(現在労働市場が労働者売り手に変わりつつあるため若干マシになりつつあるとはいえ、)ここ十年の若者の使い潰しには目に余るものがありました。しかしながら、比較的条件のまともな職は絶対数が足りずに全員へ行き渡らないため、この勤労観に従えば必ず誰かはブラック企業の家畜にならなければなりません。言い換えれば、就職の競争に敗れた人間は地下労働施設で働くよう強制されているのです。カイジかよ。

私はそうした強迫観念から生まれた職のない人を見下す風潮については疑問を覚えます。何故ならば、その風潮のせいで裕福であるにも関わらず働く人が出てくるからです。どこであろうと彼らが席を空けてくれれば、全員が上に繰り上がって経済的な事情で本当に就職しなければならない人々がより条件の良い職業に就くことができたはずです。ですから私は、むしろ経済的なゆとりのある人には我々の職を奪わないでほしいとさえ思っています。

「俺たちの若いころは」とか自らの苦労話を語り始める人々はお上に対してそれを述べて待遇の改善を求めるべきです。公害で重い病を患った人間に出会ったが最後、肺炎の人間は病院へ行くことさえ許されないのでしょうか。肺炎の人間に責任があるとは私にはどうしても思えません。
とはいうものの、同世代でさえどれだけブラックな環境で働いているかを自慢しあい、それより下の環境で根をあげた人間を見下すのですから上の世代に理解を求めるのは難しいでしょうか。どうも我々日本人は上を見て暮らさずに下を見て暮らす江戸時代からの慣習がいまだに抜けきられないようです。

http://www.excite.co.jp/News/column_g/20150419/Mycom_freshers__gmd_articles_3941.html
エクセルデータ作るの面倒くさいなと思ってたところにちょうどいいのがあったので流用します。ILOのデータ引用してるみたいなんでたぶん大丈夫でしょう。
これによると、日本のニートの数は他国に比べるまでもなく少なく、同世代人口のわずか1割弱だそうです。ブラック企業に屠殺されてリタイアせざるを得なくなった者が多くいるにも関わらず、他国に比べてここまで少ないのは逆に違和感がありますね。

ここで働きアリの法則を思い出して見ましょう。どんな組織においてもよく働くもの、そこそこ働く者、働かない者の割合は2-6-2に収まるそうです。日本にはニートが足りていないのではないでしょうか?これが1割増えれば、ブラック企業に供給される人員の余裕がなかったため、そもそもブラック企業など生まれなかったかもしれません。
どうも現代社会には全くゆとりがないように感じられます。他者をいたわる心のゆとりがなく、家庭を持つだけの経済的なゆとりがなく、お上と戦うだけの時間の余裕がない。ゆとり最後の世代と言われた我々こそ、せめて心にはゆとりをもって生きていきたい所存です。

私には夢があります。それは、いつの日かこの国の賃金が上がって、私たちが搾取されるために企業を守らなければならないという強迫観念から解放されますように。それでは

posted by DSK会員 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

見えない何かに怯える夜

 最近妙に胸騒ぎのする夜が増えてきました。人狼に襲撃されてしまうんでしょうか。僕は狂人ですが騎士の人は護衛してくださいね。
 四回生だけで井戸端毎日更新企画も周回プレイに入りました、宇留野です。当初は僕とアドラーが一日おきにひいこら言いながら更新するんだろうなーと思っていたので、みんなが協力的で拍子抜けといった感じ。扱いやすい同回生で本当に助かっています。文才から本当に脳に疾患があるのではないかと疑う人間まで揃っていて、やってみてよかったなと思っていますよ。

 タイトルは四回生はみんなそうだと信じているよ。三回生は来年分かります。『見えない何かに怯える夜』というフリー素材の曲があって、この曲の存在自体は何年か前から知っていたのですが、ひぐらしのBGMに使われているというのは最近知ってブログのネタになるのではないかと考えていました。アレンジもいくつか出ていますが僕は初代と3が好きですね。
 10年近くも前の話になりますが、僕の中学校では毎日朝の15分で何でもいいから本を読もう、という校則がありました。僕の越えるべき壁であり中学では国語教師、最近ではレコードコレクターという称号まで備えるようになった親父に何かいい本はないかと相談した翌日に、そっと机の上に置かれていた本が『ひぐらしのなく頃に〜鬼隠し編〜』でありました。このシリーズ、分厚い上に巻数も多く、中学生活の一時期は毎朝ひぐらしを読んでいた記憶があります。校内カースト上位層だった僕も、シリーズを読み終える頃には立派なキモオタDSK予備軍となっていました。親父の推薦図書という太鼓判のせいで僕はパンドラの箱を開け、高校入学の時に野球と将棋の二つの特技を天秤にかけ、将棋部の門を叩くことになります(最初に言っておくけど東の水城とかいう幼稚なネタはないから)

 そんな僕も六月には23になります。23歳学生。淫靡な響きですね。院生でしょうか、いいえ浪人です。
 23という年齢は母が僕を産んでくれた歳でもあるんですが、23の母は、政治や社会ではなくTwitterにデッキレシピを載せても攻略サイトから連絡がこないことに憤りを感じているピザニート街道まっしぐらの僕を見てどう思うんでしょうか。大学も茨城ではよく聞かないFランのにおいがプンプンする名前だし、歯牙にもかけられないような気がします。
 では僕が23の母を見たらどう思うのか、ということで肉団子のような生命体を愛おしそうに抱えながら写真に写る母を見てみましたが、『ママだ…』という感想以外抱きませんでした。正常ですね。ママは歳はいくつでもママなんです。親父は知らん。

 最後に新入生のみんなに一つ大事なアドバイスをしたいと思います。
 大学生というのは、好きなことをできる時間と自由に使えるお金が増えることが楽しいというのであって、大学が楽しいわけではないということです。最前列で2Lペットボトルを飲んでいるだけで後ろから心無い言葉をかけられたり、英語の授業で消しゴムを友達役にして英会話をした僕が言うのだから間違いありません。悲しすぎてネタにしないとやってられないよ。早いとここの真理に気が付いてボックスの常駐率を高めていきましょう。

 タイトル的に深夜更新してやろうと思っていたらなかなか書けずに早朝になってしまいました。文を書くって難しいですね、僕に編集者は向いていなさそうです。またお会いしましょう。
続きを読む
posted by DSK会員 at 04:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

箸休め

お初にお目にかかります、4回生の萩原(はぎはら)です。「荻」ではありません、「萩」です、けものへんじゃなくてのぎです。今後「荻」と間違える人は漢字が読めないフレンズと認識します(けものだけに)。将棋は大学からbeginner 0 として始めました、中飛車と向飛車がお気に入りです。年齢は今年で22になります(ここ重要!)。

自己紹介は軽くここまでにして、まずは新入生の皆さんご入学おめでとうございます。そして数あるサークルの中から下の投稿者(主に最近)のような変人ぞろいの将棋研究会を選んでいただきありがとうございます。もう知っていると思いますが、この団体には棋力も高く、個性豊かな上回生が多数揃っておりますので、対局を通して親交を深めるなり、お気に入りの先輩に媚を売るなりして楽しいDSKライフを過ごしてください。もちろん同回生とも仲良くね!因みに、いつボックスの扉を開けてもそこにいて、夜までずっといる先輩のことを常駐勢といいますが、彼らは同時に財布でもあるので分別をわきまえつつ活用しましょう。明らか出現頻度がおかしい人はもしかしたらボックスに住み着く妖怪かもしれないので、確認したらその人の学友団員証を咥えてふっと息を吹き、名前を返してあげましょう。喜んで成仏すると思いますよ。

さて、こうして毎日4回生たちのオモチロおかしい投稿を見ていると、彼らと同回生でよかったと誇らしくなりますねぇ・・・あ、嫌味じゃないよ。そんな中、自分は何を書こうかと考えたところ、まあタイトルにもあります通り「箸休め」ということで、メインディッシュである爆笑必至の同輩たちの書き込みの前菜として、僕の大好きな飯の情報について書こうかなと思います。是非活用してくださいね。


皆さんラーメンは好きですか?僕は大好きです。京都はラーメン激戦区一乗寺をはじめ、市内にも数多くの名店が揃っています。それぞれがスープの味や麺の種類などに拘り、独自に磨き上げた武器を使って日々鎬を削っています。そんな中今回紹介するお店は、「麺や高倉二条」という店で、名前の通り二条通と高倉通が交わる点(地下鉄駅でいうと丸太町と烏丸御池の間)に位置しています。学校からさほど遠くないから、自転車勢だけでなく、電車勢でも気軽に行けるぞ!また京都らしい和風で麺屋っぽくない外観をしているので見落としやすいから注意です、写真がGoogleストリートビューでわかりにくく申し訳ない。そしてこのお店何が有名かというと、全粒粉で作った、まるで蕎麦であるかのような見た目でありながら、モチモチした食感の麺を使った濃厚魚介豚骨スープのつけ麺が有名なんです。選べる麺には二種類あり、一つは前述した蕎麦のような色と見た目の定番の麺、そしてもう一つは柚子の風味がかった柚子麺で、僕がおすすめしたいのは後者の柚子麺です。

         Screenshot_2017-04-26-15-38-27.png  20161101_111516_147.jpg

写真では分かりにくいかもしれませんが、つけ麺の割に面が細めなのです。これも和風に拘った所以でしょう。トッピングはバラ肉チャーシュー(これが無茶苦茶美味い)、白髪ねぎにめんま、糸唐辛子で見た目もオシャンティです。スープの味は魚介出汁が勢いよく走ってきた後に豚骨出汁が手を繋いでスキップしてくる感じです。これに柚子麺が合わさることで、ほんのりした酸味が加わって和風テイストが増してくるというわけです。定番の麺ももちろんおいしいので是非。両方並盛一杯780円くらいだったかな、天一とさして変わらん値段だから高くない・・・・はず。昼営業(11:00~1500)と夜営業(1800:~22:00)がありますが、どちらも開店前に列ができ、座席数が10くらいしかなくほぼ常に満席なので、時間調整ミスって昼の待ち時間で授業を切らないようにね!

たらたらと書いてきましたが今回はここまでにします。評論家気取りの駄文をお許しください。大学生活は割とあっという間なので、美味いもん食べて充実させましょう!



「箸休め」と言ったな?あれはウソだ。今すぐ店に足を運び箸を手に取れぇい!!  ・・・意味が違うな、うん。
続きを読む
posted by DSK会員 at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

☆彡疫病神の日々雑感☆彡


みなさんこんにちは。疫病神です。


最近よくボーダーの女の子を見かけませんか?巷ではボーダーの服が流行っているんでしょうか?中には茶色と黒の女の子とかいて、僕には北島三郎の馬に乗るジョッキーにしか見えません。


今日は大好きな競馬について語りたいと思います。

競馬とは、サラブレッドとジョッキーとが一体となってゴールを駆け抜ける一種のスポーツだ。サッカーや野球を見て声をあげて応援したこと、あるでしょ?馬だって一緒だ。YouTubeで検索してみてほしい。感じてほしい。あの熱気と歓声を!G1レースなんて見た日には興奮して眠れなくなってしまうだろう。世間は競馬なんてギャンブルだといって敬遠する。確かに競馬はギャンブルだ。賭けたら時には増え、時には減る。しかしレースにおいてはギャンブルなんて関係ない、人馬一体となった熱い戦いが繰り広げられるのだ。

さて、みなさんはそんな競馬のような熱い戦いをした経験があるだろうか。
したことがあるという諸君!あるわけないだろという諸君!
大学生活をよりよい物にしようとは思わないか!


どの部活、サークルにはいるか迷っている人、新しいことに挑戦したい人はぜひ将棋部に訪れてみてください。初心者の方も大歓迎です。一緒に大学生活を充実させましょう!!

質問や見学の希望は宇留野


080-4140-7392


まで。ご連絡ください。



最後雑でごめんなさい。
飲んでるんです。
あ、居酒屋なら僕に聞いてくれたら教えてあげます
いやはや、失礼しました。

posted by DSK会員 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

シュレディンガーの内定

今僕は仕上げたESをギリギリで消印貰って息を切らしながらこの記事を書いています。あと一時間で今日終わってしまうんだけど。自身の計画性の無さを恨んだところで別に働き口が降ってくるわけではありませんから、僕は僕の計画性の無さを一生抱えて生きていくことにします。
四回生となりました長山です。新入生の皆様は入学おめでとうございます。二回生は新たに財布としての役割を全うして下さい。三回生はもう少しボックスに来ても良いんじゃないですか、君たちの天下ですよ勿体ないと思いませんか。四回生は愚痴を曝け出して辛い日々を乗り切っていこうな、悪いのは全部世の中の方だぞ。

しかしブログ毎日更新するってアホですよねえ。今までなんか一つでも継続してやってこれたことがあるのかよって思いますよね皆さん。僕はソシャゲだけは欠かさずやってこれましたけどね、凄いでしょう。アナザーエデン面白いですね、最近は無料で良いのかよこれって言いながらポチポチしてます。シエルちゃん男ってウソでしょ、ウソだと言ってよ。
でもこの連日更新のおかげでどの上回生の頭がおかしいか事前に察知できるというわけですから新入生にとっては良いことですね。こいつあかんわ近寄らんとこ、と思われること間違いなしの記事もいくつかありますからね。

新入生の皆様には一度ボックスに来て頂いてこの先輩ええ奴やな、こいつ俺より下やなと人間性を見てもらえればこのサークルにも愛着がわくと思います。僕は良い先輩を見つけたおかげでここまでダメ人間を磨けました。
我々上回生も、日々どんな個性を持った新入生が来るか胸を期待に膨らませながら新入生ガチャ回してるので是非とも来てほしいですね。スカチケで誰お迎えしようかと悩んで夜も眠れないのでそろそろ決めたいですね、やっぱ乙倉ちゃんかなあ。

タイトルの意味は勘がするどい、あるいは学のある皆さんにはお分かりでしょうが、就活期間が終わるまでは内定持ってるかそれとも持ってないか、その確率は等しく1/2ということです。量子力学なんて齧ったこともないので細かいニュアンスについては重箱の隅に追いやってもらえると助かります。僕には学がありませんからね悲しいですね。ブライドの強化しょっぱくない?涙止まんねえよ。

僕の近況とか需要なさそうですしなんならTwitterを検索すれば分かりますからよしておきますが、代わりに今期のおススメでも記しておきますね。諸兄は参考にしてください。
誰が何と言おうと面白いのはリトルウィッチアカデミアです。三話の台詞回し聞いて面白いと思わない奴とは酒は飲めない。継続枠だから今二クール目ですね、多分全話ボックスで録画してるよ。
新規枠はSFライクな作品が有望じゃないですか。レクリは二話を見ろ。僕は十回は見た。(いのすけが出ていることもポイントですね、ご要望があればアルバムお貸しします)
あとボックスに「喧嘩稼業」設置しました。詳しく言うのは控えますがコンテンツ力の高い漫画ですので読んでくれたまえよ。

僕が次更新するときは恐らく内定出て有頂天になっている頃だと思います。もしくは全お祈りで心折られた時です。どうか皆さん前者であることを祈っておいてください。自己肯定感が増して数ミリぐらいは確率上がりますので。レジェフェスの確率ぐらい高ければエントリー数的に期待値の上では中々のものになるんだけどなあ。リミカタもクリアルルもいないので古戦場きついよ、そもそも予選貢献してねえやべえ。
ではお疲れ様です。ギリギリ今日のうちに投稿できそうです。
posted by DSK会員 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

はたらくって大変。はたらくって楽しい。はたらくって青春だ!!!!!

どうも、4回生の横前です。
あっという間に3年が過ぎ、気づいたら4回生になっていました。
本当に4回生になりたくなかったです。

就活をしているのですが、自分の武器、強みがないことを痛感する日々です。
容姿、コミュ力が優れていないことをわかっていたのに資格などを手に入れてこなかった自分が悪いんですけどね泣
周りの就活生が剣や斧やハンマーなどの武器を持って戦っている戦場に丸腰で突入している気分です。
まあ、勝てるわけないですよね。
でも、地球は宝物をぎゅっと詰めた甘いCandy toneだと信じているので頑張っていれば良いことがあるはず!

この3年があっという間に感じたのだからきっとすぐ春も終わってしまうことでしょう。
もうじき夏が来る。NEW GAME!2期がやって来る。
posted by DSK会員 at 04:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

一日探偵(予備)

どうも、DSKのニュージェネレーションズ、ゆっきです。3回生です。

さて、今までこのブログに何も投稿してこなかった自分が突然記事を書いているのかというと、これにはとても深くない理由があるのです。
現在、4回生の方達が毎日このブログに記事を投稿するプランを行っているというではないですか。なるほろ、これは素晴らしい話であると自分は感じました。
しかし、果たして、本当に毎日更新を行うことなどできるのでしょうか?もし出来なかった時の為に自分が予備として記事を作っておこうと考えたわけです。

このブログ、俺が1日持たせてやる!
というわけですね。タイトル回収終わり

さて、もう特に書くこともないわけですが、せっかくなので何か書いていこうかな・・

「人生山あり谷あり」という言葉があります。これは良いことも悪いこともあるという意味なのですが、なぜ「山」が良いことを示し、「谷」が悪いことを示すのでしょうか?
自分は「山」は登るのに苦労し、「谷」は降りるのが易いからであると考えます。苦労したその先には良い景色が、楽な方へと流されてしまうとその先にあるのは底の無い堕落なのだろうなーと。
しかし、「山」に登っても慢心すればすぐに「谷」に落ちるのと同様に、「谷」に降りても諦めなければまた「山」に登れると自分は考えます!努力は裏切らないってよくみんな言ってますし

そんなことを、線グラフを見ながら思ったのでした。

目指せ、人生三次曲線!
ダウンロード.png願わくば、この中身のない記事が公開されませんように・・
posted by DSK会員 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

呼吸を止めて一秒、貴方基地外な目をしたから

 お久しぶりです、四回生になりました凍将の宇留野です。
 題名は僕の尊敬するバイト先のシフトリーダーの座右の銘です。意味は知りません。

 僕は四回生になりましたが同じ年に入学したはずなのにまだ三回生の友人もいたりして、時の流れは誰しもに平等ではないと痛感させられますね。当人はひとつ前の記事でセンター試験5割の英語力を遺憾なく発揮してくれています。きっとエキサイト翻訳とにらめっこしながら頑張って更新したんですよ。その情景を思い描きながらひとつ前の記事を読んであげてくださいね。見え方が変わりますから。

 突然に何か月も更新されず放置されていた井戸端日記に記事が投稿されるようになった原因ですが、某アドラー君と『今日から毎日四回生で記事更新していこうぜ!!』という約束をしてしまった点にあります。一番槍として投稿された彼の記事があまりに常軌を逸していたために、ショックから更新が一日遅れてしまいました。本当に申し訳ない。

 記事といっても僕の最近といえば公務員試験にむけて勉強をしたり、スマホアプリで無駄に時間だけ吸われていくカードゲームをしたり、ダンガンロンパ村人狼をオンラインでやってみたりと特に書くことがありません。なので最近よく考えていることとか、身の周りのことについて焦点をあてて書いていきたいと思います。

 今回は僕の住んでいる同志社大学公認の男子寮、その名も『此春寮』について書きたいと思います。
 というのも最近のDSKと此春寮が切っても切り離せない関係になっていることが原因で、それについても触れていきたいと考えています。

 此春寮は相国寺を抜けた先の閑静な住宅街の中にひっそりと佇んでいます。在寮生は各学年平均8人とした全32人で構成されており、毎年寮内の治安の悪さ、不衛生、騒音その他迷惑行為に耐え切れず退寮していった分を、次の年の新入生を多くとることでまかなっています。歴代の先輩曰く『一年もいられたらそれだけで変態』という話で、漫画やアニメなどで抱いていた健全でいて面白い男子寮像を根底から否定してくれる存在であり続けています。

 利点といえば明言はしませんがほとんどただみたいな値段で住めてご飯までついてくること、8時55分に目覚めて一限に間に合うことで、欠点はそれ以外です。金銭面で惹かれて入寮してくる寮生がほとんどのため経済的に困窮しているものが多く、先にも触れたもの以外に盗食や窃盗が横行し、一部では『死体のないスラム』などと言われています。なくしたと思っていた洗面器を翌日から別の寮生が買ったと言い張り使い出すこともよく起こります。

 そんな寮ですが、話題のコンテンツとしてはこれ以上ないくらいのスペックを誇っており、耳に残りやすい用語も数多く輩出しています。DSKのボックスにいたら上回生の誰か呟く『安易』『一旦』『有能』『尖る』『刻む』、全て元は寮発信です。他にも寮生何人かで協力して出席点を稼ごうとした一般教養『お前が行かないなら俺も行かない』、寮母さんの語る『本当にあった怖い話~上京警察署からの電話編~』、卒寮生の追い出し飲み会『行きはヨイヨイ帰りは救急車』など、まともな生活をしていたらまず関わりのないような事件に当事者として関わっていけます。これらのエピソードを話して友達でなくなるような人はそもそも友達でもなんでもないので問題ないですね。

 毎年10月には寮を知ってもらうという名目の下にオープンハウスというものが開かれ、事実上の此春寮とDSKの交流会が行われます。一回生の頃は呼ぶだけで疎まれていたDSKも回生を重ねていくごとに寮生側から『今年は何人来てくれるの?』『DSKのために女子には受けないアニメネタいれといた』『今俺は桂馬と寝れる』など好意的な声しか聞こえなくなってきて、架け橋となった自分としてはなかなか感動しています。

 この二年で本来寮生だけでシフトを回しているはずだったとあるウナギ屋さんにDSKがバイトとして雇われるという新たな動きも見られ、より寮とDSKが密接な関係になってきていると感じています。

 ぱっと書くつもりでしたが思っていたよりも長文になってしまいました。途中何か不穏な文章もあったはずですがそこはなにとぞ寛大な精神(大槻風)で許していただけると幸いですね。もう少しちょっとだけまともなこと書いて終わろうと思います。

 色々とマイナスなことばかり書いてきましたが、僕は此春寮に入ったことを一つも後悔していません。32人も男子がいれば仲がいい奴はもちろん、決定的に馬が合わない奴というのも出てくるもので、そういった人と互いに衝突しない適度な距離感で主張するところは主張する譲るところは譲るという、微妙と言ってしまえばそれまでですが社会的に敵を作らないような生き方を実地で学ばせてもらえた場であると思います。他にも年功序列(これ僕が言うと怒られるんでしたっけ?)を生活圏まで持ってきているので就活の時のESでも面接でも体育会系アピールがよどみなく出来て非常に強い、と勝手に思っています。

 こんな感じですかね、アドラーよりはまともなこと書いたんじゃないでしょうか。最近お金がなさすぎて就活にもお金がいるねんなーみたいな話も書こうと思ってたんですけど、また次にします。四回生だれか更新頼んだよ

 よろしく、しっかり頼むわよ→@
posted by DSK会員 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

I have a dream

Hello everyone!

I have a dream that one day this nation will raise wages and leave out the true meaning of its creed: "We hold these trusts to be safe in pent what all men are squeezed equal."

I have a dream that one day on the dead bills or Japari, the friends of formed sheep , the frinds of formed squirrel and I will be able to sit down together and idle or brotherhood.

I have a dream that my four cute friends will one day live in a nation where they will not be judged by the color of their job but by the content of their character.
51ivKER0mOL.jpg

Free at last! Free at last!

Thank God Unemployed, we are free at last
thank you!


Adolar , April 19, 2017
posted by DSK会員 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

新入生の皆さまへ



新入生の皆さま、ご入学おめでとうございます!!

 こちらのブログへ訪れてくださり、ありがとうございます。訪ねてもらえたということは、いくらか将棋に興味を持っていらっしゃるのではないでしょうか?それはとても嬉しいことです。
 これから新しい大学生活を始めるにあたり、あなたは期待で胸を膨らませていつかもしれません。あるいはちょっと憂鬱な気持ちでいるのかもしれません(笑)どちらであっても私たち同志社将棋研究会(DSK)の扉を叩き、入られたのなら楽しい一年を過ごすことができること、間違いなしです。
 将棋って、なんだか難しそうじゃないか、初心者だし、迷惑をかけるんじゃないかな...全然そんなことはありません。これも何かの縁だと思って、DSKに入って一緒に将棋をしつつ、たま〜に将棋以外のことをして遊びつつ、楽しい大学生活を送りましょう!
 皆さまを、新歓でお待ちしています。

より活動の内容を知りたい方はこちらをご参照ください。
同志社将棋研究会Twitter→@doshisha_syogi
同志社将棋研究会HP→http://doshishashogiken.web.fc2.com/

posted by DSK会員 at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

秋季一軍戦二日目

4回生の辻岡です。
11月13日に同志社で行われた一軍戦二日目の結果をお知らせします。
以下敬称略

対市大戦

×千代-松岡
×横前-下西
◯橋本-中屋
◯森田-辻
×玉生-田中
×勝本-堀川
×吉川-太田

2-5で負け

対神大戦

×落合-名和
×西野-土肥
×森田-橋本
×和中-熊本
×勝本-山根
×吉川-奥田
◯寺田-藤井

1-6で負け   

二日目は0-2でした。 よって勝ち点差により、同志社はA級6位となりB級に降級しました。

個人の力に依存していることが露呈したのが今季の結果だと思います。全部員が真摯に結果を受けとめ、来季以降の課題としてください。 ではでは
posted by DSK会員 at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

秋季一軍戦一日目

4回生の辻岡です。
11月6日に同志社で行われた一軍戦一日目の結果をお知らせします。
以下敬称略

対京大戦

×横前-木村
×中村-宮越
×西野-林
×森田-河合
×小川-青木
×玉生-金谷
×勝本-小林

0-7で負け

対立命戦

×落合‐宇城
×千代‐栗田
×西野‐川又
×森田‐山本
×玉生‐櫻井
×勝本‐大桃
×寺田‐大平

0‐7で負け

対大経法戦

×千代‐池邊
◯橋本‐松本幸
◯森田‐松本啓
×小川‐杉村
◯村上‐千種
×玉生‐高橋
◯勝本‐吉田

4‐3で勝ち

結果報告が遅くなり申し訳ありませんでした。 来週はA級残留をかけて順位を上げれられるように頑張ります。 ではでは
posted by DSK会員 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

春季一軍戦二日目

4回生の辻岡です。
6月19日に同志社で行われた一軍戦二日目の結果をお知らせします。
以下敬称略

対桃山戦

×小川‐山田
×森田‐高原
◯村上‐中川
◯勝本‐花垣
◯横前‐岡野
×橋本‐米澤
◯宇留野‐泉本

4−3で勝ち

対大経法戦

×村上‐千種
◯勝本‐松本幸
◯横前‐向
◯橋本‐池辺
×千代‐杉村
◯宇留野‐高橋
×深石‐西口

4−3で勝ち

二日目は2−0でした。よって5戦全勝優勝で同志社はA級に昇級しました。 続いて、第二代表決定戦の結果をお知らせします

対神戸大戦

◯橋本泰‐名和
×横前‐池
×勝本‐山根
×村上‐奥田
×森田‐橋本学

1−4で負け 

第二代表決定戦は一回戦で敗れました。 来週は西日本大会出場校決定戦を戦います。

今期は厳しい戦いが予想されましたが、限りある戦力で4勝をもぎ取っていけたのが勝因だと思います。特に1、3回生の活躍はめざましいものがあり、中でも勝本、横前、宇留野の3名は出場した一軍戦を全勝でおさめるという離れ業をやってのけました。主将もおっしゃっていたとおり全部員が目標としてください。 それでは来週の西日本大会に向けて兜の緒をしめつつ頑張っていきましょう。 ではでは
posted by DSK会員 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

春季一軍戦一日目

4回生の辻岡です。
6月12日に同志社で行われた一軍戦一日目の結果をお知らせします。
以下敬称略

対関大戦

◯森田‐左海
◯村上‐阿江
◯勝本‐入口
×吉川‐山森
◯横前‐佐藤
◯橋本‐岩瀬
◯宇留野‐勝本

6−1で勝ち

対大商大戦
◯小川‐前田
×森田‐斎藤
×村上‐松尾
◯勝本‐川本
×吉川‐喜多
◯横前‐森川
◯橋本‐林

4−3で勝ち

対龍谷戦
◯村上‐松本
◯勝本‐山田
×吉川‐高山
◯横前‐野村
×橋本‐佐々木
◯千代‐辻川
◯宇留野‐荒木

5−2で勝ち

一日目は3−0でした。 この調子でA級復帰に向けて来週も頑張りましょう。 ではでは
posted by DSK会員 at 21:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

新年度所感(笑)

みなさんこんにちは。幹事長の3DSです。


新年度に入って2ヶ月が経過しましたね。
今年もDSKにはたくさんの新入生が入ってくれました。喜ばしい限りです。


実は先日松本さんが遺言を遺していたことにさっき気づいたなんてそんなことはありません…(ゲフンゲフン)。

さて、今日こうして文章を書いているのは他でもないのです。そうした先輩方の遺志を継ぎ、DSKの更なる発展に寄与(色んな意味で)するべく、何かをやろう!ということなんですね。


というわけで、ひとまず近況報告から。
幹事長になった僕は一軍戦の会場を確保するべく活動を開始したのだ!(雑用係だ!)
これがまあめんどくさい。
大学の担当部署に行き、顧問の元に行き、また、担当部署に行き…
無限ループです。
給料が出るならやるんですけどね、無給なんですわ。
誰か代わりにやってくれ!!!

そんなこんなでもう6月。
一軍戦間近になってしまいました。
今回も会場は同志社です。
前回B級に落とされてしまいました。その雪辱果たすべく、今年は不死鳥の如く甦りたいと思いますよ。
期待していてください。
僕はほどほどにがんばります。
ではでは。



P.S.  k2さんとか応援に来てくださると嬉しいです。待ってまーす。
posted by DSK会員 at 14:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

2016年クラブカップ自戦記他

俯瞰症。 3回生の辻岡です。
昨日、行われたクラブカップの自戦記を書かせていただきます。 チームはY前、O合の三人。

予選 1回戦 先手 戦形 左美濃対総矢倉
N研の超強豪の方に教えてもらうことに。全体を通して、指しにくさを感じていたが、感想戦では後手自信なかったと言われてレベルの差を感じた。急所に桂馬を叩き込まれ負け。チームは0−3。

2回戦 後手 戦形 ダイレクト向かい飛車
相銀冠になったので千日手にしようと場を停滞させたが、相手の仕掛けに対応できず負け。 チームは1−2。

本選 1回戦 後手 ダイレクト向かい飛車
65角と打ってから飛車角交換になるような力戦に。馬をタダで作られて自陣に引きつけられ敗勢に。時間を切らすことにモードチェンジしたのが幸いしたのか入玉して寄せがない状態に。53秒残して時間切れ勝ち。チームは2−1。

2回戦 後手 後手超速
右銀を早めに繰り出して、7、8筋にちょっかいを出して優勢に。飛車角を抑え込んだものの、具体的に先手玉に迫る順が見つからず無理やり攻め合いに。残り時間全てを費やしてなんとか詰まして勝ち。 チームは1−2。

結果は2回戦までと、惜しくも3年連続決勝の舞台へ進むことはできませんでした。 自身の成績も2−2と指し分けといえば聞こえはいいですが、強豪ひしめく予選で一勝もできなかったのは去年から成長していない証拠だと思います。
私を筆頭に読む量、深さが全体的に足りていないと今期は感じました。また22日、立て続けに大会がありますが、「なんとなく指す」のではなく各々の目的を持って指せば向上に繋がると思っています。明後日に向けて調整をしていきましょう。 ではでは。


posted by DSK会員 at 06:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

将棋の勉強法について

院2回の松本です。何かしらDSKに貢献して卒業したいので、将棋の勉強法について書こうと思います。
「おまえ強くないだろ」とか言われそうですが、まあ気にせず書いていこうと思います。
何回かに分けて書こうと思います。

まず詰将棋について
個人的には、短手数の詰将棋(ハンドブックシリーズとか)を大量に解くのが効果があると思います。

このような大量に解くといった物量攻めの勉強法は才能がないと思う人ほどやってほしいです。同じような勉強をこなしていても吸収力のある人とない人の差が出ます。
短手数の詰将棋を大量に解いたりするのは、小学生が九九や100マス計算をやるようなものだと思うのでこなせば確実に成果が出ると思います。

同様な方法で寄せの手筋200(金子タカシ)もやってほしい。てかこの本は部員全員買うべき。

将棋は1人でできる勉強が多いです。
例えば野球だとバッティング練習をしたければバッティングセンターにでも行かないと出来ないし、サッカーだと実戦形式のドリブル練習をしたくてもディフェンス役の人がいないとなかなかしづらいです。サッカー日本代表の宇佐美貴史選手は1人でドリブル練習をするときに最強のディフェンダーがいる設定でドリブルをするらしいです。本人は妄想ドリブル(略して妄ドリ)と呼んでいるらしいです。
将棋の場合はほぼ実戦に近い状況で1人で練習できるのでその点は野球やサッカーなどのスポーツより練習がやりやすいと思います。
(詰将棋を解くのはサッカーで例えると、一番大事なキーパーとの1対1のシュート練習が常に1人でできるようなものだと思う)

思いついたら続きを書こうと思います。




posted by DSK会員 at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無題その1(仮)

 お久しぶりです、4回生の吉川です。何ヶ月ぶりかわからない浮上ですね。

 以前に受けた言葉について思うことがあったので少し書いてみようかなと思ってこうして駄文を書き連ねます。ご容赦ください。

 以前、ある子から「努力してもどうせ勝てないから努力しようとする気があまり起きない」という言葉を受けたました。確かに初心者であれば同じくらいの棋力と指す将棋会館などではいざ知らず、大会などで勝つ可能性というのはかなり低くなるとは思います。

 じゃあ尚更努力するのは馬鹿らしいと思うかもしれません。確かにそういう考えもあると思います。でもそれは、強くなるということを放棄したということです。

 努力をせずにそのままでいることは負けた時に「努力していなかったから」「それは知らないから」という言い訳をするためにしか過ぎません。否定するかもしれませんがまあ、9割はそういった人たちです。今いる強い人たちは全員がその言い訳を良しとせずに努力をした人たちです。たとえひとつも勝てず、悔しいと思ったりしても、少なくとも自分に出来る範囲の精一杯の努力をしたのであれば辛いかもしれませんがそれは無意味ではありません。負けたとしても堂々としてください。そして自分に出来る範囲の努力を続けてください。そういった積み重ねをしなければ必ず強くなります。
 強くなるために先輩を使うのだって構いません。「これを試したいのでこれを指してください」と言われても断りなどしません。もしかしたら、変に気を遣ったりしているのかもしれませんが、真剣に強くなりたいと思っている人の足を引っ張ろうとする人なんて少なくとも今のDSKにはいないです。強くなろうと思うのならば、自分に言い訳をせずにどうか頑張ってください。

追記
 もう4月が近いですね。もしかしたら同志社に決まり、同志社将棋研究会に入りたいと考えている人がいるかもしれません。そういった方は部室の方へ訪ねてきてもらえるととても嬉しいです。もし訪ねようと思う方がいるならば、HPの方のメアドなりTwitter経由でその旨を記して送っていただければ、おそらく対応できると思いますのでよろしくお願いします。

それでは、これにて失礼します。

posted by DSK会員 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

ぽふぃん♡くらいしす

あけましておめでとうございます。3回生の辻岡です。 蒼穹から堕とされた黒闇
2016年になりました。なってしまいました。 今年も同志社将棋研究会をよろしくお願いします。 
21歳になったので私もロリ、ホワイトロリータに変身しました。ついに私の気がふれたかと思われた皆様は下記の記事をお読みください。

さて、年というものは人間の成長に関係なく必然的にとるものです。「年をとる」という言葉どおり限られた残存時間から一年また一年ともらっているということですね。特にこの4年間は大切にしなければなりません。 私は大好きな登山の途中にバテてそのまま座り込んでしまうという失態を最近おかしました。駒よりも重い物を持てなくなる病には3年前から羅患していましたが、体力ばかりなくなってそのまま衰えていっています。年月は人を老化させ醜悪なものへと退化させます。しかし、その中でも一際輝く存在があります。 聡明な皆様はもうお分かりですね? そう!ロリBB◯です!「GATE」のロウリィです!甘く蕩けさせるような声、とても齢9世紀とは思えない美貌、漆黒の装飾を身に纏った神体。願わくばホワイトロウリィも見てみたいものですね。 

さて、年度内の大会も残すところあと2つとなりました。来期にむけて、力を最大限発揮できるように準備していきましょう。 ではでは。
posted by DSK会員 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

もどかしい世界の上で

ゲスの極み漢。 3回生の辻岡です。 日本破壊協会(NHK)
年末には山に登る習慣が我が家にはあるので、淡路が峠に登ってきました。
CXhuiRWUAAAmJUF.jpg
陽の射すところ
CXhuiYxVAAAehYV.jpg
てのひらをたいように
CXhuiZbU0AAXHr3.jpg
街全体を展望
CXhvOhmU0AAe5sr.jpg
結晶 もう少しずらして撮るべきでしたか
今年も残すところあと2時間と50分ですが、たくさんの方々にお世話になった1年でした。来年もよろしくお願いします。それではよいお年を。
posted by DSK会員 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。