2016年03月09日

将棋の勉強法について

院2回の松本です。何かしらDSKに貢献して卒業したいので、将棋の勉強法について書こうと思います。
「おまえ強くないだろ」とか言われそうですが、まあ気にせず書いていこうと思います。
何回かに分けて書こうと思います。

まず詰将棋について
個人的には、短手数の詰将棋(ハンドブックシリーズとか)を大量に解くのが効果があると思います。

このような大量に解くといった物量攻めの勉強法は才能がないと思う人ほどやってほしいです。同じような勉強をこなしていても吸収力のある人とない人の差が出ます。
短手数の詰将棋を大量に解いたりするのは、小学生が九九や100マス計算をやるようなものだと思うのでこなせば確実に成果が出ると思います。

同様な方法で寄せの手筋200(金子タカシ)もやってほしい。てかこの本は部員全員買うべき。

将棋は1人でできる勉強が多いです。
例えば野球だとバッティング練習をしたければバッティングセンターにでも行かないと出来ないし、サッカーだと実戦形式のドリブル練習をしたくてもディフェンス役の人がいないとなかなかしづらいです。サッカー日本代表の宇佐美貴史選手は1人でドリブル練習をするときに最強のディフェンダーがいる設定でドリブルをするらしいです。本人は妄想ドリブル(略して妄ドリ)と呼んでいるらしいです。
将棋の場合はほぼ実戦に近い状況で1人で練習できるのでその点は野球やサッカーなどのスポーツより練習がやりやすいと思います。
(詰将棋を解くのはサッカーで例えると、一番大事なキーパーとの1対1のシュート練習が常に1人でできるようなものだと思う)

思いついたら続きを書こうと思います。




posted by DSK会員 at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック