2013年08月03日

オトシクライシス

祝・三宅生誕祭。17歳(1年ぶり5度目)と書くと、何やら甲子園出場出来そうな表現になりますね。三回生の三宅です。
取り敢えず言ってみましたが、その後の寂しさといったら。

まぁ大前提として私は17歳なのですが、戸籍上はやむを得ず21歳になるわけです。三宅(21)です。
(21)といえばアレを思い出さずにはいられません。ロリです。
「あー、21歳になるやいなや、いきなりトチ狂いやがったなーコイツ」などと思わないでください。
このことは非常に有名な話なのですが一応解説しましょう。皆さん手元に筆記具をご用意下さい。そこに「(21)」と書いてみてください。それぞれを寄せ気味に、素早く。スピードが命である。何回か書いてみましょう。「(2」が「ロ」に、「1)」が「リ」に見えてきたならしめたモノです。
あら不思議、こうして貴方の眼前の紙面上には「ロリ」の二文字が浮かび上がってくるに違いありません。
こういうわけで、三宅(21)は言ってみれば三宅ロリであり、私は21歳にしてめでたくロリに・・・・・・やっぱり寂しいわ。

若い頃は(勿論今でも若いのですが)誕生日というのは嬉しい日だったハズです。しかし戸籍上で言うハタチを迎える頃から心境が変化してきした。多分それまでは大人に一歩近づくという意味を持っていたのが、その意味を喪失するに至って、ただ余命へのカウントダウンにしかならなくなったからなのでしょうか。ヤベェ、私今哲学してるわ(Fラン学生的発想)。
尤も、ハタチ以前に19歳の誕生日は三宅史上最悪の迎え方をしており、その時点で私の誕生日への幸せな気持ちは失われていたのでしょう。どんな迎え方だったかは、残念ながら全年齢対象のこのブログ上ではお伝えすることは出来ませんが、要は世のカップルは全員爆発すればいいと、隣を壁ドンしてやろうか悩みつつ思いながら迎えたということでガッテンしていただけましたでしょうか。

昨年の誕生日も、どうせ私はここのブログに落書きを残したに違いありませんが、私のことだからきっと、「去年の自分と何も変わってねぇー」とか記したに決まっています。もし異なっていたら特に謝罪しません。
当然今年も同じことを感じています。いや、寧ろ退化したか。棋力(ブログ上で業界語使ったのはいつ振りかしら)と生え際。やっぱり彼女とかいいんで、育毛剤下さい。いや、もらっても何となく意地を張って使わずに放置しそうだけど。

最後に、今年の17歳の目標を。
惣無事。
3秒で目標を設定したところで、それではこの辺で。
posted by DSK会員 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック