2011年08月26日

雑記 part26


 只今のRは1007です。(ーー;) 2回生の稲垣です。

 さっき研究に嵌り30手くらいで死にました。戦型は横歩取り。相居飛車は定跡を失念し
外れるとすぐ悪くなるのが刻ですね。対抗型は前までアンチ穴熊ので指しませんでしたが、
流石に勝てないのでやってみると定跡を外れてもなんとか良い勝負になるので好きになって
来ました。

 昨日、やっと『実戦詰将棋100』大山康晴(日本文芸社、H20)を読破。
前にも書いた通り、5〜7は結構な確率で一睨み(こんな感じ)で解けたのですが、
9手とかになると大体こんな感じになる。
 11〜15はほぼ鑑賞しているのと同じだったので、これからの課題かな。

 次の課題としては『中田章道短編詰将棋代表作』かな。これは難しそうなので腰を据えて
考えよう。解いたら報告します。

 ではではこのへんでさようなら。m(__)m

 ついで:『文学ときどき酒』丸谷才一(中公文庫、2011)を買ったので読み始めると…。
難しくて断念。この本は対談集という形をとっていて、大岡信・ドナルドキーン・円地文子
など著名な人がインタフビュア-。読んでいても源氏がどうとか…。
 自分の教養のなさにあきれました。背景を分かって読んだら楽しいんでしょうけど、
僕にはちょいと難しすぎた。(ーー;)

 ついで2:宅建はちょっと計画が遅れ気味。軌道に乗ったものの短期の合格を目標と
しているだけに、時間がなさすぎる…。そのせいで折角始めたTOEICも放置。
オワタ。(^^)/
posted by DSK会員 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/222473623

この記事へのトラックバック