2015年02月19日

一年を簡略に

初めて投稿させていただきます。文学部一回生の中村と言います。何だか投稿するよう言われてから随分と時間がかかってしまいました....。いろいろなことが忘れやすくなり、自分も年をとったのだなぁ〜としみじみと思います。
現在春休み真っ只中、二回生へのエスカレーターも平常運行で特に悩みもは...GPA....高くはない、いやというか低い、でもまあ二回生から頑張るぞい♪圧倒的敗北臭である。
とまあくだらない前置きはこのへんにいたしまして、私が将棋を始めてもうすぐ一年がたちます。東京からやって来た中飛車党のM君に振り駒で無理矢理戦法を三間飛車に決められ、それをよく分からないままずっと指して来たわけですが、まあずっと指してるとそれなりに形になるもんですね。まだまだ未熟者域、初心者の域を一歩も出ることは出来ませんが、弱いなりに経験者の方々の足元を掬っていこう、う〜ん掬っていけたらいいなぁ〜と思います。
posted by DSK会員 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月13日

アンビシャス

具体的には何もしませんが禁呪詠唱をほくそ笑んでいます。 2回生の辻岡です。 世界征服は失敗しました。

昨日、追いコンがありました。私は4回生の方々、特に京田辺校地に来て下さった先輩にお世話になったのでもちろん参加させていただきました。Y田さんとのBOX遭遇率は2年間でゆうに70%は超えていたでしょうか。1000局は教えて頂いたと記憶しています。本当にありがとうございました。 また、将棋以外の「課外活動」のコツもS山さんと一緒に大量に教えてもらって、飛躍的に向上しました。そのおかげで、今出川民達をメタナイトで蹂躙、実効支配することに快感を覚えました(アヘ) 強い0回生が入ってこないかぎりあと2年間は私の天下でしょう。これもお二人のご教授あっての賜物だと感謝しております。

4年間お疲れ様でした。 またBOXにいらして下さい。





「つらたん」、おいしいですよね〜 僕もよく塩かけて食べてます。 あと、「もきゅ」とか「ふぇぇ」とかもマヨネーズと和えていただいてます。

つらたんを出さなくても良かったのですが、あえて使ってみました。酔っていませんが勢いだけで許してください。なんでもしますから!
次回予告。バレンタインにDSKが誇る髭の仙人あらわる――M宅先生お願いします。
あ、ただ書くのもあれなんで、出来たらでいいんですが、追いコンで一番心に残ったこと、追いコンで一番おいしかった料理を「チョコ」の文言を入れてたっぷりに執筆してください。 Mならばやっていただけると信じて。 ではでは。
posted by DSK会員 at 03:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酔った勢いで書いた駄文

 追いコンお疲れ様でした。本日来てくださった先輩方、四年間本当にありがとうございました。これからのDSKは、残った私たちによって支えていきます。どうかご安心ください。また、機会がありましたら、是非とも部室の方へ遊びに来てください。

はい、三回の吉川です。指名制度ができて以降、いつまでたっても私のもとに回ってこないので、勝手に出てきちゃいましたテヘ☆彡...まあ嘘は置いといて本題?にでも入りましょうか。
 テストが終わり、二週間が過ぎました。テスト前の私は、一ヶ月ほどの間、詰将棋する以外(といってもそんなにやったわけでもないですが)ろくに将棋をやってなかったので、そんな状態から解放され、一週間ほど将棋がおもっきしやりました。ですが、当たり前のことですが、やる気満々でも実力が伴わないと勝てないですね。今出川に来られた木下さんと何局か対局しましたが、一局も勝てませんでした。いい勝負には出来ても、結局終盤の攻めと受けが噛み合わないのでごまかされます。三宅さんともやりましたが、まーったく同じような感じで負けました。詰将棋やったおかげか、終盤は以前よりは体感、マシになったような気はしますが、迫り方が温いんですよね。厳しい迫り方を考えているけど、元々読むスピードが遅い+終盤だと駒を渡して大丈夫かという、自玉の安全計算がついてくるのでその遅さにさらに拍車がかかります。詰将棋やっても、解くことを目的としているので時間制限が特になく、また、自玉の安全について特に考えずにやっているので、最後の玉を詰めることに関しては向上できても、その詰めの形に持って行くまでの迫り方というものはあまり成長していないなぁと思いました。そういう本が部室にもっとあるといいなぁと思ったりチラチラ(;¬_¬)→次期会計様

ここで脈絡無く、急なのですが、体験談的なもの&私が思うことを一つ

 私は、中学、高校の時は対局を数え切れないくらいやりました。部室で一日に10局とかざらにありましたし、家に帰ってからも24に潜っていたので、一日平均すると15〜20局位やりました。ただ、たくさん対局するのを目的にしてたので、感想戦はほとんどせず、時間も20秒か30秒でした。こうなんというか、よくよく振り返ってみると私はめちゃくちゃ対局をやりまくって、ちまちま経験値を貯めてきた人間です。それも成長する一つのやり方だとは思うのですが、よくよく考えてみると、やっぱり効率悪いなぁって思います。一日にこなす数は少なくなりますが、持ち時間をつけてしっかり考えて感想戦も長ーくやったほうが経験値もたくさん手に入れられて、成長率は高いです。今のDSKの人たちに足りてないものの一つではないかと思います。初心者のうちはたくさん対局をすることが成長への近道だと思います。まずは将棋に触れるということが何よりも大切なことだからです。でも、ある程度実力が付いてきたら深く考える訓練と自分が持っている形(自分の中にある定跡、この形にしたら勝てる!という形、研究内容というのかな?)がどこまで通用するのかを知る意味で長い時間でやったほうがいいと思います。最近は手軽にできるウォーズをやっている人が部内で多いですが、一日一局はウォーズ以外で、例えば24で、できるなら対人で盤に向かって、持ち時間付きの将棋をすることをお勧めします。ネットと目の前に実際に人がいるというのはまた違うものですし。学校のテストも終わり、、実家に帰省する人、バイト、勉強、読書に精を出す人、様々いるとは思います。ただ、できればその生活の間に将棋を入れてください。次の大きな大会は一月後の学生選手権です。一日、一週間では効果は見ることは難しいですが、一月ともなれば必ずや成果は出ます。壁に当たって辛いなぁと思うこともあるでしょうが、めげずに頑張ってください。
はい、真面目なお話終わり。

 明日よりお遍路に行ってまいります。何日いるのか、何処まで行くのかは現地で決めます←雑
一応タブレットは持っていきますが、電源はあまり付けない予定なので、なんか急ぎの用事があれば、電話orメールでお願いします。なるべく出るようにします。

 最後に、辛い時に、つらたんっていう人いるじゃないですか。私もなんですが。でですね、私は思うんですよ、このつらたんって、グラタンと語呂似てるんじゃないか?ってね。そう思ってヒゲの幹事長様とK2先生に言ったら広島のセンスを疑うとのことでした。失礼な、広島のセンスは別に悪くない、単に私がチョーっと悪いだけである。以上、オチのないお話でした。

つらたんを出さなくても良かったのですが、あえて使ってみました。酔った勢いということで許してください。
では皆さん、良い春休みを。
posted by DSK会員 at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月10日

汚れてしまった悲しみに

お久しぶりですって打ったらこれ偉そうなあいさつだなと思いました。三回生の西塔です。
今回もしょうもないことを書きます。質の低さへの批判はむしろ書かれなかったことに向けられるべき。

本日、世界のどこかで布団とシーツが汚れてしまいました。これが今回の話の出だしであり全てです。アルファにしてオメガです。以下経緯。

本日午前十時半ごろにある下宿の部屋へガスの点検が入りました。三年に一度の点検だそうです。
この部屋は部屋主の日ごろの不摂生がたたりよそ様に見せられないものやごみや何やで残念な感じに散らかっていたそうです。部屋主の顔を見てみたいですね。 つ鏡
その部屋主は点検が入るということで仕方なく片づけらしきことをしたそうです。本をしまったり洗濯物を片づけてしまったり洗濯物干しを移動させたり。この樹状の洗濯物干しが曲者だったのです。彼はそれを移動させるとき、置く場所がなかったので何気なくベッドの上に置いたそうです。ガス点検のための通り道づくりにすら難儀する程度の部屋だということがよくわかります。
ガス点検の内容は、火元とベランダにあるよくわからない機械の点検でした。タブレット端末を使っていたあたりに近未来の到来を感じたそうです。
点検は無事終了し、ガス屋さんは異常ありませんと言いました。部屋主はガス屋さんにお礼を言いました。ガス屋さんは帰っていきました。
さて、点検が終了した今、ベッドの上に洗濯物干しが置かれているという違和感だらけの部屋をもとに戻さない理由はないわけです。なかなか壮観ですよ、これ。自分の身長を頭一つ超えるくらいに高くそびえたつ洗濯物干し。だからと言って移動させない理由はないわけだが。
で、彼は樹状洗濯物干しの幹部分を両手で持って下し、何気なくそれを傾けてしまいました。これが悲劇を生んだのです。ばばーん。
なんと、洗濯物干しの幹には、あたかも道管、師管があるかのように(覚えてますか)穴が真ん中に開いていて、そこから汚れた水が流れだし、ちょうどその先が向かっていたところの掛け布団と敷布団シーツを、残酷に汚染したのです。幹と変換するたびに現れる美希には気を取られず先に進みます。はにー。
部屋主はあわてて洗濯物干しをその辺に立てたのですが、時すでに遅し、かつての清潔だった布団は見る影もなくなってしまっていたのです。この時の部屋主の感情と言ったら、筆舌に尽くしがたいものでした。言ってみれば安定した日常のひび割れです。もはやこの時点から世界の意味が変わってしまうのです。呆然と立ちすくんでも、きれいで暖かい布団に包まれて穏やかな夜を過ごした幸せな日々にはもどれない。夜更かししても、遅くなっても、なんだかんだずっと一緒に過ごした彼女(布団を擬人化したら女性になるという点についてどの程度世間の同意が得られるかは察しかねる)が、すっかり様変わりしてしまいました。覆水が盆に返らないように、割れた器が直らないように、あの日の僕に戻れないように(?)、汚れた布団も戻らない。ああ、無常。悲しい因果だ。
その後頑張ってタオルに水を含ませて優しく叩いてみたり、やけになって洗濯機にぶちこんだりしましたが、悲しみは癒えませんでした。それで仕方なくブログのネタとして消費することにしました。
ちなみになぜ室内の洗濯物干しに水がたまっていたのかについて。ベランダに置きっぱなしにしてた時期があったので、多分その時雨がたまったのだと思われます。なぜ土が混ざったみたいな色だったのかは不明。
落ちはありませんがこれで終わりです。最後までお付き合いいただきありがとうございました。「つらたん」を使わなかったことを褒めてほしい。





posted by DSK会員 at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。