2014年06月30日

“文学青年”と繋がれた愚者

おはようございます。三回生のK.S.です。
今回は徒然なるままに書きます。
本題は三つ目です。

1軍戦について。
B級優勝おめでとうございます。
これ以上言うこともないので終わり。

反省会について。
個人的に今DSKに足りないと思う倫理観を三つ挙げときます。
1 自分で決めたことは最後まで自分で責任をもってやり通しましょう。
2 自分にできないことを他人に期待するのはやめましょう。
3 自分基準を他人に適用するのはやめましょう。
大学では年上(先輩)というだけで尊敬したり従ったりする必要はないなとよく思います。
一回生の人へ。自分で考える力を身につけましょう。
以上余計なお世話でした。


本を読んだ話。
小説「存在の耐えられない軽さ」(集英社文庫)を数日前読み終わりました。
著者は、チェコ出身でフランスに亡命した作家(ウィキペディアより)ミラン・クンデラさんです。
僕はこの小説を当然翻訳で読んだのですが、日本語として不自然に感じる部分も少しありました。やはり翻訳で海外小説は分からないのかもしれません。読後部屋に一人だった関係でどや顔ができませんでした。
さて、この小説はプラハの春を背景にした恋愛小説と紹介されますが、この表現は話のごく表層的な紹介に過ぎません。
出来事や物事・それに言葉の持つ意味の広がりが、各人にとって異なりながらも、社会生活という枠組みの中で重なり合っていくという、なんとも形而上学的というか、悪く言えば現実感覚がないのですが、実際は我々の生活の在り方そのものである、そんな実感に基づいて書かれているように僕には思えました。政治的な情勢ともうまく絡められています。
何となく食べ物で例えてみますと、この小説は皿に盛られた一つの透明なゼリーです。
このゼリーは一口スプーンですくって口に含むごとに味が変わるのですが、でも「味」として共通のものがあって、もしさっき食べた一口と今食べた一口を同時に口に含むことができたら、さらに深みが増すのではないかという想像を掻き立てます。
偉そうなことを言いながら、理解できない部分があったのはここだけの話。
やはり二流文化人の域を出られないでいるのでした。
私は二流以下ですが、この小説が一流を超えていることは保障します。
もし読まれた方があったら、ぜひ食べ物でこの小説を例えてみてください。投稿待ってます。



終わり。面白い体験がないと良い記事は書けないと思わざるを得ない。
posted by DSK会員 at 10:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勝って兜の緒を締めよ

一部から暇な院生と言われているM1の松本です。
今日(昨日)は一軍戦でした。
同志社はB級を全勝でB級優勝しました。
選手の皆さんお疲れ様です。
今回は1回生が大活躍でした。幹事長も大事な一戦で勝ちましたし、主将(自称)のオーダー決めもかなり良かったと思います。
ただ第二代表で阪大に負けたので次にリベンジしてほしいです。


今回は結果は良かったですが、一軍戦前の準備段階の取り組みについては課題が残ったと思います。このあたりは主将(自称)や幹事長を中心に改善してほしいです。田辺勢は人が少ないので強化のために院生を使ってほしいです。(リーグ戦に入れるとか)1回生はまだ対局したことない人もかなりいるんで機会があれば対局しましょう。




posted by DSK会員 at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月25日

一軍戦 一日目

こんにちは、自称主将です。一軍戦の結果報告します。
同志社は、桃山学院大学、関西大学、甲南大学と対戦しました。

同志社ー桃山 7−0
同志社ー関西 4−3
同志社ー甲南 5−2

以上、3−0でした。関大戦が予想外に厳しかったですが、
一回生が頑張ってくれたおかげでなんとか残せました。
チームとしては合格点だったと思います。

個人としては、関大戦の勝つべきところで負けてしまったので、
よくなかったです。猛省しています。

来週は、大阪市立大学と大阪経済法科大学とA級3位の大学と対戦します。
各自準備をしっかりしましょう。

posted by DSK会員 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

何処へ行くの、ブログ2

最近のDSKブログが頑張りなさすぎな件。 2回生の辻岡です。 うまる〜ん。
ここんところの更新ペースが絶好調な気がする。というか6月の記事数が現時点で先月記事数に追いつこうとしています。先月と先々月少なかったからか。夏バテしろよ(自演)

さて、毎年6月18日はDSKブログ振り返り記念日ということで現在ブログを執筆されている方の記事の紹介をしましょう。いや、するべきだ!

M宅さんの記事。流石は文学部生、文才に卓越したものを感じる記事ばかりを投稿されています。 その記事で何度腹筋を壊滅させられたかわかりません。将棋の記事は少ないですが、また新しい日常ネタを期待中。私は方言に飢えている。

Y川さんの記事。真面目な内容の記事が多く一部員として考えなければならない問題を提示していただいています。
ご飯の記事が多いのが深夜飯テロであり、同時に嬉しい。

S塔さんの記事。初期は凡人(常人)には理解し難い難解な記事が多かった印象。最近はぽえみすとなる高度な存在に昇華された模様。カフェオレでコー(ry

私の記事。ネタ。



去年と比べて、執筆者が減ったので更新頻度が落ちているのでしょう。1、2回生の人はもっとかいていいんだよ?


1軍戦は22日と29日に同志社大学今出川キャンパス博遠館で行われます。レギュラーの人はもちろん部員は極力参加しましょう。
ではでは。

posted by DSK会員 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月14日

蒸し、蟲、無視

女の子にバラムツを食べさせてあげたい。 2回生の辻岡です。 ブログが更新されないことなんて気にしなぁ〜い。

今月ももう中旬。梅雨の湿っぽい季節がやってきましたね。皆さんは雨は好きですか? 私は大好きです。自分の心の穢れた部分が洗い流されてゆくようで。以下、閲覧注意です。

私の通っている京田辺キャンパスはそれはもう頭に超が5つ付くほどのド田舎で、娯楽施設はおろか定食屋ですらまともにない、山々に囲まれた地形に位置しています。 当然、虫(私の最も嫌いなもののひとつ。トラウマ)も自然に比例して大量に繁殖しています。

家を出て鍵を閉めようとする→ドアの真ん中に黄色いガがとまっている→恐る恐る遠巻きに鍵を閉める(1匹目)
通学路に向かう坂の途中で「いつもの」スズメバチくんに道路をとおせんぼうされる→10分遅刻(2匹目)
大学前の坂に大量の毒毛虫がうぞうぞしている→なんとか踏まないようにタップダンスをする(3匹目)
10年ぶりに天井にとまった巨大なオニヤンマを見る→かっこいい(4匹目)
帰宅してシャワーを浴びる→握り拳大のクモが壁に出没→悲鳴を上げながらゴキジェットスプレーを大量噴射。見事、クモと自分の呼吸器系を撃滅(5匹目)

と、まぁこんな風に日常生活を……送れるかアッー!!!  もう嫌だ。虫のいないもうひとつのキャンパスに移住したい(涙)
皆さんも虫には気をつけてください。 ではでは。





posted by DSK会員 at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

ダメダカラネー

「脚本を任されたんだ。却本、ブックメーカー、マイナス。世界を構築するのはどうしてこんなにすばらしいことなのだろうか。」(deep stone より) 2回生の辻岡です。 月の記事数は4倍ずつ増えていくに違いない(錯乱)


GJ部1期見ました。 初回をみた感想は平凡な日常アニメで止まっていましたが、回を進むごとに面白さは度を増していき最終版では実家のような落ち着きと安息を得られるものに変わっていきました。まるでキルミーなんとかのように。 登場人物は皆個性的で可愛げのある奴らばかりですが、その中でも私が特に気に入っているのが天使恵(てんしちゃんではない。天使ちゃんマジ天使)ちゃんです。皆の世話をするのが好きで、皆に紅茶を淹れるのが趣味である。また、お菓子作りや編み物も得意。得意科目は歴史で、物理が苦手。方向音痴であり、ショッピングモールなど広い場所に一人で行くと迷ってしまう。」(wikiより)


これだけでも惹かれる要素が大アリなのにヴィジュアル面でも優れているといえばもう言うことなしでしょう。 EDも3話ごとに変わるのでマンネリ化することもありません。2期もあるらしいので見てみようと思います。


昨日は棋聖戦五番勝負第一局が行われました。難解な中盤から先手の森内竜王が飛び出して、途中優勢な局面もありましたが、羽生棋聖が妙手で終盤の流れを一気に引き寄せ押し切りました。名人戦からこれで5連敗。流れを変えてもらいたいです。 ではでは。
posted by DSK会員 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。